約束のネバーランド120話のネタバレ内容をまとめています。

鬼とはなんなのか?

「なぜ鬼が人間を食べなくてはならないのか?」

そもそも鬼が誕生する始まりは形のない細菌のようなもの。

そこから細胞分裂をしていく段階で突然変異と水平伝播をおこします。この水平伝播というものが重要で他の遺伝子を取り込むことを指します。

つまり虫の形態を受け継げば虫のように、魚の形態を受け継げば魚のように。いつしか人を食べてしまい、人間の知能や文化、言葉などの能力を遺伝的に受け継いでしまったということです。

ただその形態を維持するには人肉を食べ続けなければいけない。なので農園を作り食用児を育て、敬太をキープせざるを得なかったんですね。特に知能の高い人間は高級肉として扱われます。例えばテストのスコアが高かったエマ、レイ、ノーマンです。

 

農園ラムダとは?

農園ラムダが他の農園と違うこと。それは実験農園だということ。

より新鮮で高級な人肉を量産的に作るために、遺伝子の組み換えや薬品を用いて実験をしていたのがラムダです。

そこでたまに突然変異としてある能力が高い食用児ができることが。その一つの例がザジです。ザジは刀一振りで鬼3体をやっつけました。アダムもその一人。怪力や回復の力。

ハヤトの足の速さもその能力の一つですが、ハヤトや人はラムダから派生した農園出身であり

ノーマンの目的

ノーマンの目的は鬼を滅ぼし、食用児みんなで幸せな世界を作ること。

つまり農園を壊すことで人肉の供給を止め、さらにラムダから派生した農園から解放させることでハヤトのような能力を持った食用児を仲間にし、その作戦を進めていくことです。

 

以上約束のネバーランド120話のネタバレまとめです。