キングダム587話のネタバレまとめを紹介しています。

宮康の死亡

尭雲に討たれるもののまだかろうじて息があった王賁を助けようする、宮康、松琢、そのほかの玉鳳隊の隊員たち。

しかしこのままでは不可能と感じた宮康は「賁様はいのちをかけて守るに足るお方だ」と覚悟を決め「いけ兄弟」と松琢たちを先に行かせ尭雲軍をまとめて相手にします。

その後、尭雲軍が去り、その場に関常、松琢たちが戻ってくると横たわる宮康。宮康は命を失ったもの王賁を含めた他の隊員は助かることができました。

一旦引き下がる趙莪龍、尭雲

宮康の活躍により王賁を含め取り逃してしまった尭雲たちですが、どのみち王賁は死んだだろうと納得しています。

それよりも王賁に攻撃を受けた尭雲の右腕の状態が気がかりで、自陣に戻ることとした尭雲軍。

そしてその光景を見た趙が龍たちも自陣に戻ることにします。

これは尭雲が痛手を負っていることを飛信隊に知られたくないこと、そして王賁を打ち取ったことを全体に知らしめることで相手の士気を下げることも目的としているようです。

玉鳳に向かった信

王賁が瀕死の状態であることに士気が下がっている玉鳳の本陣。

そこに向かった信は王賁が状態が良くないことを察します。しかし松琢を含めた隊員たちに「大丈夫だ」と声をかけ隊員たちを安心させるようつとめます。

そして王賁の手当てをよく聞く秘薬や軍医が知らない治し方を知る羌瘣に任せる信。

信は「どうやって超左翼に勝つか王賁と話し合いに来たんだ」とさらに玉鳳の士気を上げる言葉を発しました。実際に信の表情もまだ勝つことを信じた表情をしています。

 

ここまで587話のネタバレまとめです。